過払い請求の今後

グレーゾーン金利撤廃で生じた「過払い金」を、債務者側が回収できないケースが増えてきました。巨額の返還を迫られた貸金業者の経営破綻が相次いでいるのが主な原因です。過払い請求を逃れるために、営業名を変更して、営業する業者もいます。

破産申請が受理されれば、過払い金が全額戻る可能性はほぼゼロに近い状態です。強引な借金の取り立てに苦しんできた、債務者側が報われる救済策がないのが現状です。
吹田合同では、店名の変更を繰り返し行う業者を追跡し、代表者に対し、過払い請求を行います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamikin110.jp/MT/mt-tb.cgi/65

コメントする