過払い金返還請求はお早めに。

アイフルが事業再生ADRの手続きに入り従業員を半減させる事業縮小を進めている中、先日消費者金融最大手のプロミスが本年度末までにグループ全体で従業員を3割超減らす方針を固めたそうです。(参照
子会社の三洋信販(ポケットバンク)を合併しアットローンを吸収する方向で協議中とのこと。
さらには全国にある有人の店舗を全廃することも発表されました。
今年の6月までに完全施行される改正貸金業法により上限金利が引き下げられ、年収の1/3までの貸し出しに制限される(総量規制)ため、業界生き残りのために大掛かりな再建は避けられないことでしょう。

過払い金返還請求においても、消費者金融側からの分割払いの提案や、和解済みの案件での支払日猶予の嘆願が増えています。返還までの期間も長期化しつつあります。
実際過払い金があるのに当金融業者が潰れてしまっては返還されるべきものも返ってきません。
過払い返還請求・任意整理のご相談はお早めにどうぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamikin110.jp/MT/mt-tb.cgi/76

コメントする