吹田合同司法書士事務所

過払い請求事例とよくある質問をご紹介します。
依頼者によりケースは様々です。大阪の吹田合同司法書士事務所にお気軽にご相談ください。

過払い請求事例をご紹介します

 50代女性

クレジットカードによるキャッシングと買い物(リボ払い)で約90万円近くの返済

15年以上の間、キャッシングで15万円、お買い物のクレジット払い70万円の返済を月々4万円ずつしていましたが、なかなか減らずに困ってらっしゃいました(限度額キャッシングで30万円、クレジットで80万円)。
ご相談時点でキャッシングだけでの引き直し計算をしたところ、100万円以上の過払い金がありました。そのため、キャッシングの15万円とクレジット払い分、約70万円の債務が無くなった上に30万円以上の現金が手元に戻ってくることになりました。

一度でもキャッシングローンの経験があり、最後の返済から10年以内であれば過払い金が返済される可能性があります。契約書類や返済明細などの資料がなくても、お借入先やだいたいの金額などがわかれば、吹田合同/大阪で返金額を試算。お借入先とのやりとりはすべて司法書士が代行いたします。

 30代男性

長期にわたる消費者金融への返済で約300万円の過払い金

N.Aさんがご相談に来られたとき、約300万円の負債を抱えていらっしゃいました。聞けば、長年勤めた会社で人員整理に遭い、アルバイトからの収入とサラ金からの借金でしのいでおられたそうです。
当初は憔悴しきっておられるご様子で、自己破産したいというお話だったのでした。早速、債務調査をさせていただいたところ、長期にわたる借金のため、約300万円の過払い金が発生していました。つまり、借金を帳消しにすることができるケースだったのです。

このように、長期にわたる借金の場合は、負債額と同じくらいの過払い金が発生している場合もありますので、思い詰める前に、どうか一度ご相談いただければと思います。思い詰めるよりも、専門家への相談。それが借金解決への第一歩です。

 40代女性

約200万円の借金が、過払い金発生により残債わずか30万円

Y.Mさんは、お子さんの教育費を賄うための借金でした。負債額は約200万円。高校受験を控えた男の子と小学生の女の子をお一人で育てておられました。恐らく、小さなお子さんもいらっしゃるのでフルタイムのお仕事は難しかったのでしょう。
早速、賃金業者に受任通知を送付。すぐに催促は止まりました。引き直し計算(※利息制限法に基づいて行う残債務の計算を引き直し計算と言います)をさせていただいたところ、約170万円の過払い金がありました。残りの債務は約30万円。現在は無理のない形で残りの借金を返済しておられます。

二人のお子さんのためにも、どうか頑張っていただければ、と思うご相談でした。私たち司法書士は「街の法曹家」として、皆様の身近な問題に対処させていただきます。また、司法書士の範囲を越えるご相談であっても弁護士や行政書士など、他の法曹家と連携して、ご対応させていただきます。まずは一度、吹田合同/大阪までお電話、もしくは当サイトのお問い合わせよりご相談ください。

 50代男性

グレーゾン金利で返済し続けいた過去の借金の返済に過払い金発生

H.Kさんは、ある消費者金融から「年利35%・毎月3万円の返済」という条件で100万円の借金をされていました。滞ることなく、順調に返済されていました。
ところが、2年後。返した額が合計で140万円となり、返済は終了するはずだったのですが、まだ返済が求められていると言います。引き直し計算をしたところ、やはり過払い金がありました。
過払い金があるということはつまり、「払い過ぎていた」ということです。これは多くの消費者金融が利息制限法と出資法の狭間(※この狭間をグレーゾーン金利と言います)にある利息で貸し付けていたことに起因するものです。現在は徐々に改善が進んでいますが、もし「自分は返済し過ぎているのでは?」という方がいらっしゃいましたら、いつでもご相談ください。契約書等を紛失された場合でも取引履歴を取り寄せて調べることもできますので、一度お問い合わせください。
 

 70代男性

消費者金融で借金を繰り返し生活費に補填。負債総額を遥かに上回る過払い金発生

K.Sさんは、サラ金6社から借金を繰り返すことで、生活費を補うという生活を数年にわたって続けておられました。その結果、借金の総額は220万円。収入はほぼ年金のみでしたので、月々の返済にも苦慮されていました。
早速、債務調査をさせていただいたところ、すべての業者で過払い金があることが判明しました。過払い金の総額は860万円。負債総額を遥かに上回る金額が過払いとなっていました。もちろん、借金はすべて帳消し。円満に解決することができました。

例えば10年近くにわたって借金をされている場合、K.Sさんのように借金を帳消しにできるどころか、高額な過払い金が発生しているケースがあります。近ごろは賃金業者の業績悪化により、すべての過払い金を取り戻せないケースも発生していますので、すべての方がK.Sさんのように取り戻せるとは限りません。過払い請求を先延ばしにすればするほど、取り戻せる可能性も低くなる可能性があります。過払い金は、皆様の財産です。貴重なお金です。お一人で悩まず、吹田合同司法書士事務所/大阪までぜひ一度ご相談ください。
 

無料相談随時受付中!06-6389-2000 メールでのお問い合わせはメールフォームから

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

大阪・吹田合同の5つの安心
  • 無料相談・即時対応
  • 取り立て即時ストップ
  • 着手金不要・分割払い可
  • 悪質業者にも対応
  • 秘密厳守・減額報酬なし

5つの安心をもっと詳しく

吹田合同司法書士のブログ

用語説明のページへ

大阪の交通事故相談サイト 交通事故示談解決Web 吹田合同司法書士事務所 あなたの示談金は正当ですか?

吹田合同司法書士事務所/大阪までのアクセス

〒564-0082
大阪府吹田市片山町3丁目1-8

(JR吹田駅より徒歩5分)

TEL.06-6389-2000
FAX. 06-6385-1999